旅行・地域

2012年6月 2日 (土)

B-747の操縦席の解説マニュアル

Top1Top2

コックピット内の航法などの操作パネルやディスプレイなどを
画像を使って詳細に解説してあります。
トリムセッティング、機体姿勢表示装置、エンジン計器
上昇下降計、エンジンスロットル、オートパイロット
通信コントロール、各種警告注意ディスプレイ、衝突回避システム
トラフィックアラート、客室アナウンスシステム、失速警告装置
操縦席内コンソール、緊急装置(貨物室警報)などの解説
----------
B-747-400でロンドンのヒースロー空港からロサンジェルス国際空港ま
実際に飛行する場合に必要な手順やフライトプランの作成、飛行ルートの
典型的な天候、北大西洋横断ルートのプランニング、燃料のプランニング
操縦席内での準備から始まり、出発ルート、エンジンスタート、タキシング、
離陸上昇、巡航、降下、アプローチ、着陸、エンジンストップまで
シミュレーターを駆使して順を追って詳細に解説してあります。
それぞれの手順の中で必要なチェックリストも
管制官との会話も含めて記載されています。
実際に表示されるディスプレイをエンジンモード、航法モード
カラー画像で解説しています。


  フライト マニュアルを手に入れる  

S


  フライト マニュアルを手に入れる