« 第二次大戦 爆撃手 マニュアル 米軍 1945年 | トップページ | F-14 トムキャット フライト マニュアル 350ページ以上 冊子版 »

2012年6月 6日 (水)

P-51 と F-51Dのフライトマニュアル 1952年

P51_1  P51_3

エルロン、エレベーター、ラダーなどのコントロールシステムが
空気力学を含めて画像で分かりやすく説明されています。

操縦席は正面、左サイド、右サイドに分けて紹介されています。

戦闘緊急時にパワーを一時的に増大させるシステムについても
運用制限と共に説明されています。

油圧システムと電気システムもイラストで詳細に説明されています

酸素供給システムは高高度でのマスクの運用方法を
含めて解説してあります。

射撃カメラについては操作スイッチの機能や
操作方法も説明されています。

射撃照準器は K-14Aについての解説です。

当時使われ始めたロケット弾についても
ロケットコントロールパネルと共に
飛行に対する影響などP-51で使われるものの紹介もされています。

緊急時に使用される発炎銃の操作方法

離陸前の外観チェック

エンジンスタート前チェック

エンジンスタート手順

エンジン停止手順

タキシング

離陸前チェック

離陸手順

着陸手順

典型的な着陸失敗例

横風時、濃霧時、雨天時の着陸

ゴーアラウンド手順

増槽タンク搭載時の飛行制限について

高速ダイブ飛行と飛行データ

滑空、失速、スピンなどからの回復方法

緊急時手順
離陸時の強行着陸、オーバーラン、夜間着陸
エンジンオーバーヒート、電源、ブレーキ、タイヤの不調
油圧系統異常、出火時の脱出法、スピン時の脱出法


  フライト マニュアルを手に入れる  

F51s P51s


  フライト マニュアルを手に入れる  

« 第二次大戦 爆撃手 マニュアル 米軍 1945年 | トップページ | F-14 トムキャット フライト マニュアル 350ページ以上 冊子版 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P-51 と F-51Dのフライトマニュアル 1952年:

« 第二次大戦 爆撃手 マニュアル 米軍 1945年 | トップページ | F-14 トムキャット フライト マニュアル 350ページ以上 冊子版 »